タグ別アーカイブ: 寄贈品

2013年度寄贈品「ゴールネット」の贈呈と見学会開催について

この度、ユナイテッド後援会では、本年度のチームへの寄贈品として、フクアリのゴールネットを贈りました(写真はイメージです)。

つきましては、2013年度後援会員様を対象に開幕戦当日に見学会を実施致します。
3月3日(日)8:15から、後援会ブースにて受け付けを行いますので、奮ってご参加下さい。
受付に際しては、当会の会員証をお持ち下さい。
尚、当日に更新して頂いた方もお申込みになれます。

募集人数:50名(先着順)
見学時間:9:45~10:00

(※注意:ヒールなど、芝を傷める可能性のある履物の場合、お断りする場合がございます)

実施のお知らせが遅くなりまして申し訳ございません。
本年もよろしくお願い致します。

2008年度寄贈品「練習球」「ミニゴール」の贈呈について

image04

2008年度チーム支援事業として、後援会ロゴ入り練習球30個とミニゴール2対を寄贈し、選手激励会において選手会長の坂本選手へ目録を贈呈しました。

練習球は、公式戦試合前のアップ時に使用していただくことになりました。
今後もチームの支援になるよう、活動していきたいと思います。

IMG_0014
激励会にて練習用ボールを展示しました

image01
同じく激励会にて目録を贈呈

image02
ミニゴール

image05

2007年度寄贈品「黄色のゴールネット」の贈呈について

ユナイテッド後援会では、チームがすすめている「ホームスタジアムの総黄色化計画」に協力して、黄色のゴールネットを寄贈することにし、準備をしてまいりました。
4月21日(土)大宮アルディージャ戦で、初披露いたしますので、ご注目下さい。
このゴールネットをジェフの選手のシュートで数多く揺らしていただきたいと思います。

ユナイテッド後援会 運営委員長 村山秀男

070420_01

070420_02

巻誠一郎選手にW杯出場を労い新米をプレゼント

_T0X0091-S

去る7月19日(水)、フクアリでのガンバ大阪戦の試合前に、2006ドイツW杯に出場した巻誠一郎選手の健闘を労い、「市原産“養老の恵”新米60kg」の目録をプレゼントいたしました。プレゼンターは当会委員長・村山です。
(※2006年の新米は収穫前なので、実際は9月初旬にお渡しする事になります)

W杯出場を励みとして、巻誠一郎選手のクラブ、代表でのより一層のご活躍をお祈りいたします。

[写真提供:ジェフユナイテッド市原・千葉]

2005年度寄贈品 「選手入場ゲート」の贈呈について

110_1062
先日、9月2日に千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)に選手入場ゲートを納入いたしました。これは後援会が、今年の最大目標としていたものであり、会員の皆様のご協力により実現することが出来ました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

このゲートを通りピッチに立った選手たちが素晴らしいプレーを見せてくれるものと信じています。

今後とも後援会の活動にご理解、ご協力をいただけます様お願い申し上げます。

ユナイテッド後援会 運営委員長 村山秀男


入場ゲート002
組み立て(その1)。
ゲートはテントのように、骨組みにビニールの屋根をくくりつけます。

110_1050
組み立て(その2)。
高さがあるので、脚立が必要になります。

110_1052
ほぼ完成。形がわかるようになって来ました。

110_1055
キャスターが付いているのでラクに移動が出来ます。

110_1044
ピッチサイド。
スタンド側に突き出した専用のレールに選手入場ゲートは据え付けられます。

110_1058
レールにはめて完成。

110_1060
ゲートの中から、ピッチを覗くとこんな感じに。
選手達は、こんな風景を見て試合に臨むことになります。

110_1064
畳んだところ。
試合中はスタンドから観戦の邪魔にならないよう、このように蛇腹状に格納されます。

110_1070
再び展開したところ。
さあ、新スタジアムオープンまで、あと1ヶ月半!9月7日の運営シミュレーションでも、一足早く皆さんの目にふれるかもしれません。